活性酸素との違い

薬をまとめて飲む場合は、医師に相談をして互いに副作用による健康被害がないか、よく確認をしてから摂取する必要があります。
しかしサプリメントの場合は組み合わせて飲んでも問題がない場合がほとんどです。
中でもベースサプリメントと呼ばれる類の、体の栄養の不足を補うための栄養補助食品は他の商品と相性が良いことが多く、工夫次第でさらに効果を高めることができます。
例えばイソフラボンやイチョウ葉エキスは、オプショナルサプリと呼ばれる特定の症状を緩和することができるサプリ製品によく含まれています。
更年期障害対策のできるサプリで特にイソフラボンなどは含まれていますが、この効果を引き上げるために、ベースサプリメントを摂取してビタミンや、ミネラルを摂取するのも良い工夫です。

オプショナルサプリはサプリメントの1種であり、その目的はベースサプリが栄養素の不足を補うのに対して、オプショナルサプリは体調改善や症状の緩和を目的としています。
その種類は多く、コンドロイチンやグルコサミンのように、変形性関節症の痛みや症状を緩和する目的の成分を含んだサプリや、イチョウ葉エキス、蜂の子といった更年期障害を克服するための成分を含んだサプリ、自立神経失調症やストレス緩和の効果があるセントジョーンズワートを含んだサプリなどがあります。
これらの成分に共通しているのは、ベースサプリが普段の食事からも摂取できるのに対して、これらの成分は普段の食事からも摂取する習慣のない成分を含んだサプリメントということです。
近年はこのオプショナルサプリが注目されており、疾患の治療と併用して用いられたりといったことも増えており、トレンドなサプリメントとなっています。